CMS戦略事業一覧

阿智村商工会にてITリーダ塾=デジタル撮影編=

長野県の南信地区の阿智村商工会でITリーダ塾が8月22日に開催されました。
CMSでホームページを構築するために、まず、受講生の商品を撮影し、そのWebサイトごとの特性を生かした表現について言及しました。

カレーハウスのデジタル画像表現

カレーハウスのHPづくりの協力です。
このためにストーリー性が重要です。これがいわゆる起承転結というものです。

①起承転結の「起」 問題提起部分です。ここではカレー屋であることを示しつつ、カレーの素材を見せてゆきます。

 

カレーの素材

 

撮影の要点:ライティングに工夫しました。簡易レフ版を使い奥にある缶にも光が当たるように。また、すべての商品にピントが合うように絞り込みました。
  • Nikon D700 jpeg(fine)
  • Nikkor VR 105mm F2.8
  • F11,manual,ISO400,1/20

 ①起承転結の「承」 問題提起部分が終わって、詳細な内容を提示する部分です。ここでは、カレーハウスのオーナーさんを登場させました。

カレー屋のオーナーさんを撮影しました、撮影の工夫は、彼の目の大きさが左右で異なるため、眼の大きいほうから撮影させていただきました。また、左右の目の大きさを調整するためにライティングさせていただきました。
  • Nikon D700 jpeg(fine)
  • Nikkor VR 105mm F2.8
  • F8,連射モード,manual,ISO400,1/60

カレー屋オーナー


①起承転結の「転」:新たな展開を示すところです。完成したチキンカレーを撮影しました。

 チキンカレー
①起承転結の「結」 作り上げたカレーがどのように食べられるのか。顧客の需要を喚起するためにコンテンツを掲載します。

/tr>

カレーをフランスパンで食する図

食品コンテンツ必須の持ち上げシーンです。このシーンを入れることによって、コンテンツに動きが出ますし、カレーを食べる直前の臨場感を表現することができます。


 パン屋さんのHP制作

パン屋さんのHPづくりの協力です

おいしいラスク

おいしいラスクの表現です。ライティングがポイントです

このように現地に赴いて、実際にユーザとコミュニケーションを取りながら、デジタル撮影、コンテンツ作りを支援して、Webページとして作りこんでゆくのが趣旨です。

阿智村商工会にてITリーダ塾=デジタル撮影編=を詳しく見る

CMSについて

簡単便利、ホームページ作成

CMSによる簡単便利、格安のホームページ制作

かつて、ホームページ作成は、HTMLを理解している人に頼まないと難しい物でした。
でもホームページの制作者は経営者のビジネスを理解しているとは限らないから、思うようなホームページができなかった。
その矛盾を解決するには経営者が自らHPを作って運営することが重要です

CMSとは「コンテンツ管理システム」のことです
Contents  コンテンツ

Management 管理

System  システム

CMSは要するにブログシステムを使ってホームページを作ること。

 

CMS利用によって次のようなメリットが得られます
HPの生産性が約8倍・・・写真素材があれば、HPが30分でつくれます

SEO効果の期待・・・検索上位を狙うホームページ構築が簡単にできます。

CMSは次のような特徴があるため、すこぶるSEOに強いのです。


 

CMSについてを詳しく見る

新規お申し込みに関するお問い合わせ
TEL054-205-3320
FAX054-205-3602