農業法人,農家支援実績一覧

宮城県涌谷町の有限会社氏家農場のWeb支援です

宮城県涌谷町の有限会社氏家農場は青ネギ、小ネギ、水菜の専門の会社です。社員一丸となって頑張る経営を行なっています。

水菜、ネギの専門農場、有限会社氏家農場
水菜、ネギの専門農場、有限会社氏家農場

今回の支援は当農場のビジュアル面の強化です。その方針のもと、農場を取材して、人物や加工場の撮影をさせていただきコンテンツづくりを協力させて頂きました。

 

宮城県涌谷町の有限会社氏家農場のWeb支援ですを詳しく見る

コウノトリ米を生産するエチエ農産

コウノトリ米を生産するエチエ農産(京丹後市)に行ってきました。エチエ農産は有機JAS認定をうけている企業です。

農薬や化学肥料を全く使用せず有機資材と田んぼのもっている地力で栽培し、そのため地域環境負担を軽減した栽培方法で、農家が工夫と手間をかけ丹精込め愛情を持って作り上げたお米です。 平成23年産より「有機JAS認定」 「安心・安全」な完全有機・無農薬栽培で作っています。

コンサルティングの目的は以下のとおりです

  1. HPをリニューアルする
  2. CMS方式でリニューアルする
  3. 有機JAS認定を強調するWebとする
  4. 商品を美しく撮影し、おいしく、安全な農作物であることをアピールする。

支援の様子

エチエ農産

会社社屋前で、スタッフの方々全員で。
詳細な支援内容について

  1. 商品写真撮影
  2. HP制作のコンセプトについて

です。

 

 

コウノトリ米を生産するエチエ農産を詳しく見る

㈲恵那栗のfacebook支援

2/28 ㈲恵那栗のfacebookページ支援

㈲恵那栗は、恵那川上屋(栗菓子で有名)に原材料を 提供している栗農家の農事法人です。

恵那山の見える圃場にて

栗に圃場、恵那山が見えます
栗に圃場、恵那山が見えます: 快晴だったら、夏の葉を茂らせている圃場だったら凄くきれいでしょうね。高度が高いので少し寒いです。

農業従事者 農家から全量買い上げる恵那川上屋: 農家と信頼を確保するため、また、特選恵那栗を原材料として確保するため品質の確保は重要です。
そのために、生産方法(栗の木の栽培管理方法)の標準化を進めている。そんために農事法人のような法人化が必要です。

美味しい栗つくりは土づくりから
美味しい栗つくりは土づくりから: 剪定した木の枝などもチップにして天然の肥料にしてゆきます。
超低木栽培
超低木栽培:栗の木は放置すると8m程度になると いわれています。放置すると日当たりが良くなくなり、また 、木の管理もしやすくなります。このため、超低木栽培により 品質の高い栗の生産が可能になるのです。
栗の木の枝、新芽
栗の木の新芽:春はもうそこに来ています。

恵那川上屋のスイーツ
岐阜県で有名、スイーツ・栗山: くりやまと呼びます。恵那川上屋にとって、人気スイーツ。食べてみます 甘すぎず、かつ、食感もよくボリュームもあるので人気である理由が わかります。 全体構成は台の部分とモンブランによる構成です。モンブランの中には 栗のクリームがはいっています。ダジャレではありません。 栗のクリーム。美味いです。 栗山(くりやま)

里長閑(さとのどか)
里長閑(さとのどか):こちらも甘すぎず 栗本来の風味が残っていて上品な味。日本茶が似合うと思いました。

農家、加工業者、販売者への理解が重要だと思いました

㈲恵那栗のfacebook支援を詳しく見る

今日はにんじんジュースのネット販売企業への支援です

午後から三島にいってきました。
支援企業は一粒万倍、楽天、およびWebサイトで、にんじんジュースを販売するネットショップです。

数年前から当社は、一粒万倍さんを支援させていただいております。

なんでも、函南の山の頂上から三島市内に会社をうつされれていて、かつ、社員数が5名から11名に増えている。
ここから、一粒万倍さんのご活躍がうかがえます。

 

にんじんジュース

この日は非常に暑く、途中でだしていただいたにんじんジュースがとても美味しかった。

一粒万倍、新社屋

一粒万倍、新社屋です。すばらしく格好いい建物ですね。

人参マークの左が会社入口でセキュリティばっちりです。
 

  1. 当社の過去の実績はCMSツールのご提供、HP作成支援
  2. 「にんじんジュース」でWebサイト(楽天以外のサイト)Yahoo,Google3年1位(SEO対策)
  3. 今回のミッションは、facebookページの作成支援です

今日はにんじんジュースのネット販売企業への支援ですを詳しく見る

農業法人の設立と運営、販売促進戦略。同友館

農業法人の設立と運営、販売促進戦略。同友館


著書を出しました。
農業法人の設立と運営は田中進が。
販売促進戦略、IT戦略、ブランディングは加藤忠宏が担当しました。
版元は同友館です。
私は、IT戦略、Webやブログ、ツイッターの有効性評価、ブランディング、画像表現、甲州市のJAPANブランド戦略などについて述べさせていただきました。

農業法人の設立と運営、販売促進戦略。同友館を詳しく見る

3/8 西島園芸団地(高知県南国市)の画像支援

高知県商工会連合会と南国市商工会からのご依頼で、西島園芸団地のコンサルティングにお邪魔しました。西島園芸団地は果物の通販や観光客の受け入れ、飲食を行っている組織です。聞くところによると農業者が設立した組織らしい。

西島園芸団地でブーゲンビリアがお出迎え

西島園芸団地は花一杯、フルーツ一杯ランド。でも、バナーは業者任せだそうで、写真撮りから、効果的なバナーつくりの手法についてコーチさせていただきました。

  • ボディ:Nikon D700
  • Nikkor 16mm F2 手持ち
  • F11 マニュアル撮影、RAW、ホワイトバランス=オート

この写真は16mm fish eyeレンズを使うことにより、西島園芸団地の天井一杯に咲き誇るブーゲンビリアを表現しました。

メロンの尻尾

メロンの尻尾:西島園芸団地オリジナルのスイーツです。メロン半玉にアイスクリーム(ソフト)とイチゴ2個が乗ります。無論、全体写真も撮影しましたが、こういう臨場感のある写真は、一般の方には撮影できないだろうと思い、撮影させていただいた次第です。

  • ボディ:Nikon D700
  • Nikkor VR105mm F2.8 手持ち
  • F5.6 マニュアル撮影、RAW、ホワイトバランス=オート,逆光

フルーツカップ

フルーツカップ。おそらくこれも本来は横から撮るのが良いと思いますが、意外性のあるカットもAIDMA効果を引き出すために有効と考え撮影した次第です。

 

 

 

 

3/8 西島園芸団地(高知県南国市)の画像支援を詳しく見る

デジタル撮影でユーザの購買意欲を直撃!

モノが売れない時代になっています。
あなたの商品を適切な価格でお客様に買っていただくためには、商品が価値あるものであることをご理解いただくことが重要です。

ユーザの購買欲求をあらわす学説にAIDMAの法則がありますが、ユーザ欲求を喚起するためにはユーザの心に直撃する画像を提示することが、ユーザに正しい商品に対する認知を得るために重要なプロセスです。

蜂蜜トーストの画像

画像撮影のコツとして、商品写真を正面切って撮影するのではなく、その商品がどんな場所やシーンで使われたらもっとも効果的なのかを写真として示したほうがユーザのウォンツを引き出すのに有効な手段といえます。

ユーザはアルゼンチン産はちみつを買いたいのではなく、朝食のトーストをおいしく食べたいからです。

撮影条件は以下のとおりです。

ボディ Nikon D700(ライト 1灯+レフ版)
三脚 ベルボン 645、レリーズ
レンズ Nikkor Micro 105mm VR F2.8
撮影条件 撮影場所佐賀市、曇天、ISO1600,1/00秒,F5.6,JPEG,WB=AUTO,連射モード

画像加工ソフトはフォトショップエレメントです。

 

デジタル撮影でユーザの購買意欲を直撃!を詳しく見る

新規お申し込みに関するお問い合わせ
TEL054-205-3320
FAX054-205-3602