ジュエリーの支援実績一覧

デジタル撮影法、ライティングとRAW撮影の重要性

デジタル撮影はWebサイトにとって重要な要素になってきました。具体的には、SEO対策としても重要ですし、AIDMA(認知から購買までのプロセス)管理にとって必須の項目といえるでしょう。

■JPEG撮影、ライティングなし撮影

まずは通常のJPEGで撮影し、ライティングのない事例を紹介します。

バラの撮影

上記の写真はライティングなしで、花屋さんの室内で撮影したものです。課題は次の通りです、

  • ライティングがないのでメリハリがなく、立体感に乏しい
  • JPEGなので、画像が重く。600*399pixcelで、約75kBあります

そこで、ちょっと撮影の仕方をRAWに変えて、かつライティングを工夫した事例を取り上げてみましょう。

■RAW撮影とライティング

 JPEGは撮影時に、画像情報を1/4に絞り込んでしまいます。これに対してRAWは1/1の情報をコンパクトフラッシュなどのメモリに書き込みます。書き込み時は1枚の写真要領が13MBなどと巨大になりますが、RAW現像ソフト(ニコンはCapture NX)などを使いうときわめて軽量化したjpegファイルが出てきます。

パワーストーンをRAW撮影する

パワーストーンをRAW撮影した事例です。バックライトを浴びせたので透明感のある写真が撮れました。

Nikon D700,三脚ベルボン645,Nikkor VR105mm F2.8,F11、ISO=400,マニュアル,RAW

もう一枚

メガネの撮影

メガネの撮影です。撮影条件は上記の条件と同様です。

RAWを使うメリットは次の通りです。

  1. JPEGが1,600万色に対してRAWは40億色で階調表現すぐれる。
  2. JPEGの画像容量が1枚約3~4MBに対してい、RAWから得られるJPEGファイルは0.6MB~1.8MBと軽量
  3. RAWはカメラ設定情報をすべて持っているので、撮影後に、画像設定を変更し、ベストの条件を発見することができる
  4. また、画像補正を行っても画像のゆがみや劣化が起きにくい

といった特徴を持つのです。

また、ライティングの使い方は、2灯が基本です。2灯がないときは簡易レフ板を使えば2灯になります。
そのメリットは次の通りです

  1. 立体感がでる
  2. 主人公を強調することができる
  3. 不必要な補助光(蛍光灯の光)の干渉をやわらげることができる

などです。

 

 

 

 

デジタル撮影法、ライティングとRAW撮影の重要性を詳しく見る

ジュエリーのホームページは写真が命!

ジュエリーのWebサイトは写真が命だから一眼レフで撮影した

ジュエリーの企業さんに頼まれて、スコーピオンのアクセサリーの撮影をさせていただきました。

商品写真がうまくみえるかどうかが売れ行きを左右しますから以下の点に気を付けて撮影をしました。

ジュエリーのホームページは写真が命!を詳しく見る

新規お申し込みに関するお問い合わせ
TEL054-205-3320
FAX054-205-3602