SEO一覧

0円からのプロモーション講座のサーマリーです


0円からのプロモーション講座、四日市商工会議所で創業フォローアップセミナーとして開口させていただきました。

0円からのプロモーション講座のサーマリーですを詳しく見る

googleのSEO対策,オーサランク対策について

史上最年少でマザーズに株式を上場(東証1部)した求人情報サイト運営会社「リブセンス」がSEO対策
(検索上位対策)に失敗し、収益が悪化しています。広告宣伝費を増やしたことが減益の主な理由で、SEO業者に
カネを払ったため検索性が悪化して、ビジネスに影響がでたようです。

当社では、全くお客様に影響が出ていません、むしろ検索上位に表示されています。その方法の一端を掲載します.

googleのオーサーランク対策について

googleのSEO対策,オーサランク対策についてを詳しく見る

最新googleアルゴリズム改訂に対応する8つの法則2014年5月

米Googleは5月5日、YouTubeの公式チャンネル「Google Webmasters」に新しいgoogleのアルゴリズム改訂の方針を打ち出しました。




ポイントと対策を整理すると以下の図のとおりです。
基本的に図にも書きましたが、コンテンツの質を重視する方向に間違いはないということです。ここで重要な事がコンテンツの制作主を特定するということです。どの人の情報が信用が置けるのか専門性を重視するということ。また、以前からgoogleは静止画の著作者や真贋(オリジナルか複製か)を言及していました。
ますます、書き手の熱意や専門性などがSEO対策のポイントになってくることは間違いなさそうです。

最新google対策の8つの成功法則
最新google対策の8つの成功法則です。とても重要な概念は「顧客重視」です。読み手のことを考えて、情報を開示する順番を考えたり、図を交えて説明することはとても重要な事です。またyoutube動画を作成して説明をしてもよいでしょう。
セミナーでもいっておりますが、コンテンツの時代なので、ユーザが商品の良し悪しを判読する手段を確保するために一眼レフカメラを使って高い階調表現をつかってみてもよいでしょう。

■反面やってはならないこと
コンサルタントとして最近思うことをかいておきます。

  1. 業者にコンテンツをお任せにすること
  2. 自分で全く更新しないこと
  3. 出所不明な画像を使うこと
  4. 被リンクをカネで売るような組織からリンクを買うこと。
  5. プロのSEO業者となのる人物にSEOを依頼すること。

私は、平成8年9年からSEO対策を追求し、企業のWebに利益をもたらしてきましたが、一度もSEOのプロと名乗ったことはありません。SEOは業者にまかせずに、自分でコンテンツを積み上げるなかに生まれるものなのです。


 

最新googleアルゴリズム改訂に対応する8つの法則2014年5月を詳しく見る

やってみて簡単SEO対策、要点はコンテンツ型サイトの作り込み

■まずは検索してみてください。
・検索1「わに塚桜 ライトアップ」 youtubeに桜のライトアップの動画を投稿しました。1日後に検索7位/68,000サイトでした
youtube動画はSEOに強い
youtube投稿はSEOに強いことがわかります。

・検索2 「女性創業事例」で検索してみてください。私どものHPは10位/1,560,000 サイト  でした。
SEOに強いコンテンツ型サイト
コンテンツ型サイトはSEOに強いことがわかりました。

■SEOに強コンテンツ型サイトとは
ではどうやったら、SEOに強いサイト、かつ、受注がもたらされるサイトが作れるのでしょうか。実績と、自分のトライアルの結果から申し上げると以下のようになります。

  1. 即効性を望むならYoutube動画を貼り付けること。
  2. Youtube動画の概要欄に企業のHPのURLを書いておくこと
  3. 顧客を説得するコンテンツとSEO対策を共存させるためには、しっかりとした、コンセプトでWebを作ること
  4. そのなかにユーザの役に立つであろう情報を文字情報、画像情報、動画情報コンテンツとして入れておくこと
  5. 静止画像情報はオリジナルのものを使い、高解像度かつ軽量なものをのせること
  6. 動画情報はyoutubeのタグを埋め込むことによってWebサイト内で動画を閲覧できるようにすること
  7. コンテンツの厚みを持たせるため、「さらなる詳細な情報を望む顧客のために」第二層のWebをつくりリンクを貼ること。

要はユーザ重視のコンテンツがSEO成功サイトと成るということでうs。
 


 

やってみて簡単SEO対策、要点はコンテンツ型サイトの作り込みを詳しく見る

実はSEO対策はすごく簡単

5月にgoogleが検索アルゴリズムを変更しました。この結果、従来型のSEO対策を施しているWebは検索順位が上下変動。
SEO業者の方、SEOコンサルタントの方、Webマスターの方、いずれも苦悩しているようです。
でも、うちのお客様は基本的に高順位をキープ。その秘訣をまとめました。

ペンギンアップデート対策のSEO
すごく重要な点は、CMSでHPを作ること。その理由は。

  1. 自分でHPを更新しやすくなるので。更新頻度が高くなり、新鮮な情報提供が可能
  2. 自分の思いをHPに書き込めるので、手厚いコンテンツの制作が可能
  3. htmlサイトマップ、XMLサイトマップ、パンくずリストなどのユーザが便利にWebを利用できる仕組みを実装している
  4. Movable Typeの場合、新規ページを作成するとpingを発信して、google等に更新を通知できること

注意点はfacebookページ。

facebookページは、SEOに強いですが、検索上位に表示されても、相手がfacebook未登録者の場合、見慣れない可能性が高いというアクセスログ(インサイト分析)の結果が出ています。

以上
 

実はSEO対策はすごく簡単を詳しく見る

SEO対策、[かつての相互リンクを削除したほうがいいのか]

[[かつての相互リンクを削除したほうがいいのか]
 
[ペンギン・アップデート] google SEO対策の変更
 
(1)ペンギンアップデートとは、Googleが検索結果スパムや
Googleのガイドラインに違反して故意に順位上昇させようとしている
サイトの排除を目的とした新しいアルゴリズムのこと。
 
(2)ペンギンに引っかかる事例
①アドバトリアル:金銭の受け渡しによって書かれた記事、リンク
②オーソリティーサイトを適切に評価して順位を上げる。
たとえば医療や旅行など特定産業やコミュニティにおいて
権威ある存在のサイトであれば、検索順位を上昇させるようにする。
リンクの価値を適切に判断し、リンクスパムの効果を弱める
②Googleは検索結果の多様性を重視しており、
1ページ目に同一ドメインのサイト(ページ)が表示されないよう配慮
 
要はまっとうに記事をかけということ
うちのお客さんにはまったく関係のないことかもしれない。
 
googleのペンギンアップデート
過剰な相互リンクはマイナスだとか
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=7765
検索を人工的に改善しようとすると、検索スパムとされて
検索順位が下がります。
 
■自分の予想
1.有料相互リンクは絶対にNG
4年くらい前からの常識です
2.ではすべての相互リンクを削除すべきか
これも多分NG
相互リンク先を失うと、グーグルのクローラが
回り込めなくなります。
3.どうすればいいか!
実際にブログどおしでコメントを出し合えば良い。
googleの見解では、有料サイトは有料サイトどおしで
相互リンクするという認識を持っているから
 
以上
 
[ペンギン・アップデート] google SEO対策の変更
 
(1)ペンギンアップデートとは、Googleが検索結果スパムや
Googleのガイドラインに違反して故意に順位上昇させようとしている
サイトの排除を目的とした新しいアルゴリズムのこと。
 
(2)ペンギンに引っかかる事例
①アドバトリアル:金銭の受け渡しによって書かれた記事、リンク
②オーソリティーサイトを適切に評価して順位を上げる。
たとえば医療や旅行など特定産業やコミュニティにおいて
権威ある存在のサイトであれば、検索順位を上昇させるようにする。
リンクの価値を適切に判断し、リンクスパムの効果を弱める
②Googleは検索結果の多様性を重視しており、
1ページ目に同一ドメインのサイト(ページ)が表示されないよう配慮
 
要はまっとうに記事をかけということ
うちのお客さんにはまったく関係のないことかもしれない。
 
googleのペンギンアップデート
過剰な相互リンクはマイナスだとか
http://www.landerblue.co.jp/blog/?p=7765
検索を人工的に改善しようとすると、検索スパムとされて
検索順位が下がります。
 
■自分の予想
1.有料相互リンクは絶対にNG
4年くらい前からの常識です
2.ではすべての相互リンクを削除すべきか
これも多分NG
相互リンク先を失うと、グーグルのクローラが
回り込めなくなります。
3.どうすればいいか!
実際にブログどおしでコメントを出し合えば良い。
googleの見解では、有料サイトは有料サイトどおしで
相互リンクするという認識を持っているから
 
以上

SEO対策、[かつての相互リンクを削除したほうがいいのか]を詳しく見る

googleが変わるSEOがかわる。

googleが2012年5月17日に検索エンジン大幅改定を発表しました。

■改定ポイント
改定ポイントは以下のとおりです。

  1. 知識グラフ理論の導入
  2. セマンティックの重視
  3. 関連情報の右パネル表示

 

■用語解説

①知識グラフとは:関連性の高い項目ごとの相関関係図を持つ考え方。例えば藤原定家と小倉百人一首は相関性が高い。などの関係図をいいます。

②セマンティックとは:意味論を表します。例えば中森明菜なら「desire」「少女A」などの楽曲もそうですし、「スター誕生」なども関係あるでしょう。「本名」「出身地」「年齢」「血液型」もそうです。意味のある情報なら必ず持っていなければならない情報のことです。

③右パネル表示:最初に「中森明菜」を検索したとき「楽曲」を知りたいのか「恋人」を知りたいのか、それとも「履歴」を調べたいのかなどの情報が右パネルに表示されます。

■従来型のSEOの終焉
従来型のgoogle対策のSEOは次のような特徴を持っていました。

  1. 被リンク(他サイトからのリンク)の質と量の評価。
  2. 画像処理の適切性(画像画素の大きさ、画像の代替テキストなど)及び、その解説文との相関関係
  3. サイトマップやナビゲーションなどのユーザが使いやすい機能

ここで問題になっていたのが「1」です。googleは当初創業時から、被リンクを重視してました。しかし、このため、SEO業者による、IPアドレスの分散化という手法に惑わされ続けていた。IPアドレスの分散化とは、SEO業者が異なるサーバを借りて、サイトを立ち上げ、そこから、顧客サイトへリンクを貼る行為です。

しかし、今般の改定によって、以下のようなSEO業者の対策が無効になるものと思われます

  1. IPアドレスの分散化による被リンクサービス
  2. タグにキーワードを挿入する、タグテクニック
  3. キーワードを多用するコンテンツ

■対処法

CMSをお使いになられている方について、以下の提案をいたします、またgoogleの仕様変更があったらお知らせいたします。

  1. blog記事を書くとき(HPをつくるとき)に、タグ欄に関連キーワードをいれる
  2. そのときにキーワード間の「共起」(関連性の強さ)を重視して、文書全体の実態に即していれる
  3. 共起の関連性は強いほどよく、可能であれば専門性の高いものが入っていると良い 例)天文,星座,撮影,赤道儀,天の川,薄明
  4. その定義したキーワードに沿った内容でHPをつくる。(1テーマについて徹底して書き抜く)
  5. 画像にもキーワードをわかりやすくいれる 例)午前2時半に長野県阿智村で赤道儀を使い撮影した天の川


※結論
つまり、近未来のSEO対策は「文字列ではなく物事そのものへ」「被リンクから、整合性へ」と転換するものと思われます

googleが変わるSEOがかわる。を詳しく見る

CMS時代に対応するSEOのご提案

CMSの時代に対応するSEO対策のご提案


SEO対策をしているはずなのに、検索順位がどんどん下がる、SEO対策業者に頼んでいるはずが一向に検索順位があがってこない。そんな経験はないですか。それはあなたのSEO対策が間違っているのです

最新のSEOの要点

  • タグの時代から、コンテンツの時代へ
  • 適切なユーザの誘導、適切なコンテンツの提示
  • CMSツールの使用
  • 表示速度の速いページは有利
  • 動的ページよりも静的ページ優位は変わりません(微差ですが)
  • サブドメイン方式の活用による、Webサイトコンテンツの専門特化

 ■スパム行為 検索エンジンを惑わす行為はスパムとして認定され、検索順位が悪化します。

典型的なスパム行為。特にコンサルティング局面での散見されるスパム行為についてまとめました。

  • noscriptタグやホワイトテキストなどによる見えないテキスト
  • リンク先が、ドメインを売ってアダルトサイトになったケース
  • リンク元(被リンク元)が有料リンクサイトであるケース
  • 有料リンクサイトとの契約を打ち切ったが、そのリンクがまだ残っているケース
  • 同じコンテンツを複数構築して、ミラーサイトとすること

こんなSEOコンサルに注意です。
次のようなSEOコンサルタントには注意です。
高いSEO効果を期待したいのであるならば、MTOSをお使いください。

  • Word PressはSEOにもっとも強いと言っているコンサルタント
  • xhtml1.1などのように文法的にきれいな文法を使ったHPがSEO的に有利だといっているコンサルタント
  • アマゾンが動的ページで上に表示されているのだから、動的ページでも静的にページに匹敵するSEO効果が期待できると考えているコンサルタント
  • 画像にキーワードを仕込み、タグで強調したり、スタイルシートで隠ぺいしようとしているコンサルタント

CMS時代に対応するSEOのご提案を詳しく見る

SEO・Google対策,2010年版

2010年度版のGoogle対策、SEO対策

■2010年度版SEO対策 =YahooのGoogle移行まったなし!=
YahooがGoogleの検索エンジンアルゴリズムを使うと発表しました。移行時期は諸説ありますが、近未来であることは間違いありません。

したがって、YahooもGoogleとなることから、Google対策がSEOの主眼になるのですが、そのための基本確認事項を述べておこうと思います。

■2010年度版Google対策の基本
最近のGoogleの特徴は以下の通りです。

  • 画像に対する言及が多い→画像対策がSEO対策となる
  • Googleの基本アルゴリズムの確認→タグよりもコンテンツ重視の姿勢
  • 使いやすいHPの重視
  • 画像の表示速度の早いHP
  • 画像検索を意識したSEOの必要性
     

特に重要なのはGoogle側で画像に関する、要求事項が多くなっていることです。これは、コンテンツと画像の関係をGoogleも無視できなくなっているからでしょう。

■特に重要な事柄

特に重要なことはいままでは文字(キーワード)やタグが重要なSEO要素でしたが、最近では画像に関する要求事故が増えていて、かなり細かいところまで言及している点が特徴です。

今までSEOでは画像についてはあまり研究されてこなかったので、従来のSEO対策業者にとっては盲点なのでしょう。

  • 画像のALTタグ(代替テキスト)の最適化
  • 画像のコンテンツ上での表示順位(優先表示順位)
  • 画像の最適サイズ
  • 画像と文字コンテンツとの関係

今後のセミナーの中でも語ってゆきたいとおもいますのでよろしくお願いします。

SEO・Google対策,2010年版を詳しく見る

新規お申し込みに関するお問い合わせ
TEL054-205-3320
FAX054-205-3602