動画プロモーション戦略支援、動画撮影・編集の著作権について

㈲アイ・リンク・コンサルタント「動画プロモーション戦略支援、動画撮影・編集の著作権」について
動画撮影、編集のご依頼者は以下の著作権規定にご同意いただいたとみなしますのでご留意下さい。

■著作権の帰属とクレジット表記、

  1. 動画原版の著作権は㈲アイ・リンク・コンサルタント(当社)に帰属します
  2. お客様が編集した動画に弊社の著作物が利用されている場合は㈲アイ・リンク・コンサルタントのクレジットの挿入をお願いします
  3. 当社が編集した動画の著作権クレジットをお客様のお名前にすることはできますが、クレジットに撮影者として㈲アイ・リンク・コンサルタントのクレジットの挿入させていただきます。
  4. 無料音源素材を利用する場合、例え無料の音源であっても、音源素材の著作者のクレジットを動画末尾にクレジットすることが必要になる場合がありますのでご了承下さい。

■著作物の二次利用について

  1. 動画を、販促プロモーション以外の目的で、例えば、教材などの目的で利用される場合は、当社までご連絡下さい。
  2. 動画原版を契約法人外の他者、他社に譲渡することはできません。

■他社の権利への配慮

  1. スタッフなどの方が動画、静止画に出演される場合の、肖像権の許可は御社に責任において、お願いします。
  2. 道路などでの外撮りの場合、通行者の個人情報への配慮が必要になります。通行者の顔を消す等の処置はサービス外とさせていただきます。
  3. 他社の撮影した著作物(メーカ支給の写真など)を支給される場合の著作権の担保は御社の責任において、お願いします。
  4. 有線放送の音楽などが動画に入り込むと、それ自体が著作権違反になる可能性がありますので、撮影環境には十分なご注意をお願いします。
  5. 撮影場所として、遊戯施設、寺社仏閣などの場合は当該施設からクレームが入る可能性がありますので、十分ご配慮をお願いします。撮影許可が必要な場所は事前に撮影許可を書面でとっておいて下さい。
  6. 製造業の撮影などの場合、他社の特許権、商標権などの知的財産権を担保した環境をご用意下さい。

■瑕疵担保責任

  1. 納品した動画の中の挿入文字の誤字があった場合には、校正時にご指摘ください。対処します。
  2. まれに三脚をつかっていても、動画にブレが若干出る場合があります。また、三脚が立たない状況の撮影もございます。その際の道がブレについてはご容赦ください。

■御社の機密事項について

  1. 撮影禁止場所、撮影禁止物などの事前の通知、明示をお願いします
  2. 機密事項が静止画、動画に写り込まないよう、撮影場所の事前確認をお願いします。

■動画に関する第三者のクレームについて

  1. 基本的に依頼された企業の責任で対処お願いします
    • 例)動画で示した調理法で調理したらやけどした
    • 例)魚の活き締めは残酷である
    • 例)価値観の異なる(宗教上などの理由)クレームがまれに入ることが有りますのでご留意ください。
    • 例)A社を退社したはずだが、A社の動画にスタッフとして写り込んでいる消去して欲しい
    • 例)お客様の声として出演を許可したが、都合で削除して欲しい
  2. お客様がyoutubeなどに動画をアップされることによるアラシ等の事業妨害行為もまれに散見されますのでご留意下さい。

■動画納品後のフォローアップについて

  1. 動画を納品後の販促プロモーションのご相談は別件としてお受けします。その際はご連絡ください。

■係争

  1. 著作権やお取引にかかわる係争が発生した場合の地裁は静岡地裁となります。

新規お申し込みに関するお問い合わせ
TEL054-205-3320
FAX054-205-3602