創業計画策定(収入の部)

収入計画は慎重に行います。理由は①絵に描いた餅にならないように、②市場規模などの統計資料は一応の参考になりますが、結果としてあてにならないケースが多い。③確実な収益源をベースに考えるべきだと考えるからです。

創業の収益計画
図.創業の収益計画 

図は、サムライ業の創業計画の例ですが、私達も全ての業種について明るいわけではありませんから、その専門分野について、創業者に教えていいただきながら、あるいは、ヒアリングをさせていただきながら事業ドメインを組み立ててゆくわけです。

ここで重要な事は、すでに、経費の見積もりがでているわけですから、年間経費400万円を上回らないとこの創業者は苦境に陥ってしまいます。
従って、なんとしても400万円を稼ぎだす手段を創業者と相談しながら創りだしてゆくというわけです。

製造業、サービス業、小売業、農業など業種業態が異なると粗利や単価も異なります。この部分だけは、簡単には形式化はできない部分だといえそうです。
 

新規お申し込みに関するお問い合わせ
TEL054-205-3320
FAX054-205-3602